淀信孝の不動産担保ローン解決法

フリーローンの中でも最も高額の融資が期待できるのが不動産担保ローンです。

法定利率以上の金利で融資を受けた場合過払い金が発生しているかも

近年話題になっている「過払い請求」ですが、具体的にどんなケースだと過払い金が発生するのでしょうか?

そのポイントとなるのは、利息制限法以上の金利でお金を借りていたか?しかも長期の取引だったか?

以上二点と言われています。

過払い金が発生する大本の原因は、貸出の際、法定利率以上の金利が適用されているからです。

利息制限法で定める以下の金利であれば過払い金は発生しません。

次に取引期間に関してですが、実際は契約内容によって異なってくるものの、一般的には4年、5年以上の取引であれば、過払い金が発生している可能性が非常に高くなります。

実際に過払い金が発生しているかどうかをチェックするには、引直計算をしなければなりません。

引直計算をするには、消費者金融との取引の記録が必要になりますので、そちらを用意した上で、改めて計算をしてみましょう。

Comments are currently closed.